セミナー参加者を「行く」と決定させる“3つのスパイス”

セミナー運営

付加価値で集客率を上げる

セミナーは日本全国毎日どこかで必ず行っています。目的や規模は様々ですが、せっかくセミナーを行うなら希望の人数を集客したいところです。 そこで今回はセミナー参加者を「行く」と決定させるためのスパイスである「付加価値」で集客率を向上しやすくなる方法をご紹介します。

 

参加特典は裏切らない

 1.参加費以上と思わせる商品をプレゼントする

 「受講料半額チケットプレゼント」「全員に書籍プレゼント」のように来場者が、参加しても“もと”がとれるような特典は効果的です。

また、単に特典目当てで終わることがないよう、自社に興味を持ってもらえるような特典を用意することが大切です。

2.実際に自社製品やサービスを体験してもらう

 一方的に説明するだけでなく、実際にサービス体験してもらう「デモ・ワーク形式」を組み込むと、サービスをより理解しやすくなり、興味をもってもらいやすくなります。

また、セミナーに“参加しなければ体験できない”限定感を出す事で参加意欲をかき立てられます。

3.参加者に限定の特典をつける

「サービスの体験版をプレゼント」

「システムの初期費用無料」

「○○ノウハウ集・事例集プレゼント」など

セミナー限定の特典をつけることで参加を検討中の方に“お得感”と“貴社への興味”を持ってもらい、参加を決定してもらえるよう促しましょう。

  

来場者は時間・労力・お金をかけて参加されるのでコストに見合わなければ参加しません。
セミナーに「付加価値」をつけ他のセミナーと差別化をして集客率を向上しやすくしましょう。