100人規模のセミナーに掛かる運営コストは?

セミナー運営

BtoB/BtoC問わず、セミナー開催にはコストが掛かります。
今回のブログでは、一般的なセミナー開催にはいくらくらいの費用を見込んでおけばよいかという概算費用をご紹介したいと思います。
もしセミナー企画を立案中で、セミナーの運営会社に依頼するとした場合の概算コストを調べているというタイミングであればぜひ参考にしてみてください。

 

1.全体的な企画提案費

セミナーの中身から相談する場合は、会社情報や経営方針などのヒアリングから行うことになり、コンサルティングの要素が強くなってまいります。
コンサルティング費となると、10万円~100万円以上ということもございます。

 

2.問合せ事務局費

参加人数規模や、どのような業務を行うかによって費用が変わります。
100名で、受講票などのメール配信、電話対応、登録者管理などの業務で、15~30万円くらいが相場となります。

 

3.運営人件費

当日の人件費としては、管理責任者1名/ステージ進行責任者1名/アシスタント1名/受付スタッフ3~5名/誘導スタッフ2~3名に、司会者が入るくらいの人数規模で運営できます。
交通費等の諸経費を含めて30万円くらいを見ていただければと思います。

 

4.会場費

100人規模で一般的な貸し会議室となると、1時間あたり3~5万円くらいが多いようです。
もちろん、会場のグレードや立地で変わってまいります。
会場選定はセミナー企画と同じように非常に重要ですので、テーマによってよく検討していただければと思います。
また、初めて会場を使う場合に忘れがちなのですが、準備時間と撤去時間も含めて申し込みをしていただくようにお願い致します。

 

5.事後業務の費用

よくある作業はアンケート集計業務でしょうか。
アンケート入力会社に委託する場合は、選択式・記述式など、ヒアリング項目によって単価設定されていることが多いので、見積り依頼をしてみてください。
1枚に選択式5問程度であれば、1枚30~50円くらいが多いようです。

  

6.運営会社選定で大切なこと

費用ももちろんですが、これまでの運営実績や担当者の知識・アドバイスなどを参考にパートナーとなりうる会社を選ぶことが大切です。
あるお客様から、最初に指示の無かった業務にはどんどん追加料金が加算され、当初の見積りの2倍近くになった、というお話も聞いたことがあります。
御見積を依頼する際は、一社だけでなく複数社を比較して、一緒にパートナーとしてやっていきたいと思える会社をお選びください。