一般的にアウトソーシングのメリットとデメリットとは

業務アウトソーシング

自社のリソースを有効活用するためにアウトソーシングという手段を選択する

経営資源を有効に活用するために、多くの企業ではアウトソーシングを活用しています。
特別なスキルを必要とする業務があれば、そのための人材を新たに確保し教育管理するコストよりも、ノウハウや専門スキルを持っている企業に委託した方が費用を抑えて尚且つ品質向上も期待できるからです。

必要な時に専門ノウハウやスキルが活用できる

メリットとして挙げられるのは、必要な時に必要とするスキルを持つ外部企業を利用できることです。社内の従業員を使うとなれば、普段は別の業務に携わりながら必要が生じたら別の業務に就くといった不規則な勤務形態を取らせることになります。
もちろんそれまで手掛けてきた業務を代わりに行う人材を確保する必要も生じることになります。
 

デメリットも考慮する

1.ノウハウの蓄積ができない
その一方でアウトソーシングのデメリットとして挙げられるのは、そのような特別なスキルやノウハウが社内に蓄積できない点があります。 必要が生じる度に委託先を探すことになりますし、その品質を安定させることも課題となります。

2.機密情報の管理
機密事項を扱うような業務であれば、その取り扱いには十分注意が必要となります。 さらには自社のノウハウも貸与して作業を委託する場合には、その流出リスクも抱えることになります。 いかに信頼できるところを探せるかがポイントになってきます。

3.進捗管理がブラックボックス化
アウトソーシングは成果だけを求めるものなので、その進捗状況が把握しにくいデメリットもあります。 進捗状況が掴めないとなれば、 きちんと要望通りの作業が行われているのかの確認も取れないことになります。

4.品質の保証
さらにその品質に関しても、多少なりともリスクは抱えるようになります。いくらHPで専門ノウハウやスキルがあると謳っていても、 自社の業務内容に完全に対応できるかは不明です。 特に新しい外注先を利用する場合には、十分にその経験などをチェックして調べる手間がかかります。


それらの点をきちんと把握できれば、無駄な固定費を掛けることなく必要な時にアウトソーシングを利用できるようになります。

メリットとデメリットを把握して活用する

リスクや懸念材料、デメリットを抱えながらも得られるメリットが大きいことから、アウトソーシングは利用されることになります。メリットとデメリットは大抵が表裏一体となっているので、いかに課題を解決しながら最も効率よくアウトソーシングを利用できるかを考えることが必要となります。