【アウトソーシングを検討し始めた方へ】アウトソーシングのメリットとデメリット

業務アウトソーシング

アウトソーシングとは

アウトソーシングとは「社内の仕事を外部へ委託すること」です。

外部へ委託するということは、これまで社内の目の届く範囲で行っていた業務を外部の目が行き届かない場所で行うことになるため、想定していなかった問題が起こる可能性もあります。

この業務は外部委託できないか?本来の業務に注力できる環境を整えたほうが良いのではないか?などと感じ始めていろいろな会社を調べ始めたという段階であれば、業務をアウトソーシングすることのメリットとデメリットをしっかりと理解した上で自社にとっての最良の選択をしていただきたいと思います。 

 

アウトソーシングのメリットとは

1.自社のコア業務へ注力できる

限られた人的リソースを本業ではない部分に投入するのではなく、新たな事業開発や基幹業務に注力することができます。

 

2.専門分野に特化した支援を得られる

専門性の高い業務の場合、社員を教育しノウハウを蓄積することは大変な労力がかかります。
専門スキルを持った会社へ委託することで、自社で社員を育成するよりも短期間低コストで業務を行うことができます。 


3.コスト削減

外部のアウトソーサーに委託することで、自社の人材にかかるコストが削減できます。(人件費、採用費、教育費、福利厚生、退職金、オフィスや電話環境等の設備費)
また、数字で表しにくいため見落としがちですが、部下へのマネジメントに掛かる上司の時間的労力も大きな負担である場合があります。
社員が辞めるたびに1から採用し、教育をするという流れを繰り返している組織にも当てはまります。 


4.固定費の変動費化

案件内容や稼動時期に合わせて委託範囲を調整できることもメリットになります。
毎月の固定費ではなく変動費化できるため、景気状況に応じて柔軟に対応することが可能になります。 

 

アウトソーシングのデメリットとは

1.機密情報や個人情報の漏洩リスク

委託先企業の管理運用体制が整っていない場合は情報漏洩というリスクが大きくなります。
どのように情報を管理しているのか、また、社員教育を行っているのか等、事前にしっかり確認を取り、定期的にチェックするようにする必要があります。 


2.業務のブラックボックス化

全てを委託先企業任せの状態にしてしまうと、どのように運用されているか把握できなくなってしまいます。
定期的に打ち合わせや報告するルールを整え、お互いの顔が見えるパートナーとしての関係性を築くことが必要です。 


3.自社にノウハウが蓄積されない

委託先のやり方で運用する場合が多いため、社内にノウハウが蓄積されなくなります。 


4.情報伝達が煩雑になる

今までは社内の担当者へ直接指示を出せたのですぐに対応できた内容でも、アウトソーシングとなると思い通りのスピード感とはいきません。
あまり大手すぎない中小事業者のほうが臨機応変に対応できるということが多いようですが委託先選定時に各社の対応について確認を取りましょう。 

 

このように、アウトソーシングにはメリットもデメリットも両方あるため、本当にアウトソーシングが必要なのかというところからしっかりと考えて決定することが重要です。