お問い合わせ

効果的なカンファレンスにするために!適切なアンケートの全容とは

2020.03.31

カテゴリ: セミナー・シンポジウム

 

ビジネスカンファレンスの満足度や理解度を高めるためには、アンケートの実施は不可欠と言えます。しかし、目的や効果測定などの方法を検討せず、形式上だけでアンケートを実施していると、単なる自己満足で完結してしまったり、アンケートすること自体が目的のまま終わったりしてしまいます。

正しくアンケートを行うことは、カンファレンス開催の効果を定量かつ定性的に評価することに繋げることができます。

 

本記事では、カンファレンスにおけるアンケートの内容や取り方、集計方法など、適切なアンケート実施が行えるよう要点について解説します。

 

 

1.アンケートを取る目的を明確にしよう

企業がマーケティングの一環でアンケートを設計・実施するにあたり、取り入れる目的や目標を明確にすることが重要です。

 

なぜなら、目的や目標が明確になっているアンケートは、設問内容や方向性が合致しているため、確度の高いアンケート結果を得ることができ、より正確なデータを収集することができるからです。

単なる反省やアンケートの実施を目的にするのではなく、アンケート結果から得た情報を、定量的かつ定性的に分析することで、次回以降の改善や満足度の向上に繋げるPDCAサイクルの役割も担っているのです。

 

そのため、ただアンケートを実施・集計するのではなく、カンファレンスにおける課題や仮説を設定して、その結果を検証するサイクルを構築し、より良いノウハウやデータを蓄積するよう、カンファレンスの企画立案から目的を明確にしておきましょう。

 

 

2.アンケートの設問内容

目的を明確にしたら、次はアンケートの設問内容を検討しましょう。事前に目的や目標を設定しているため、仮説や課題に応じた質問をすることがポイントと言えるでしょう。

 

質問内容を考える際は、以下のポイントに注意して設計することをおすすめします。

 

○本当に聞きたい内容に絞って質問する

設問数が増えると、参加者の集中力が低下したり、回答意欲が減退したりするため、本当に聞きたい質問は冒頭に盛り込むか、あらかじめ設問内容を絞り込むようにしましょう。

 

○わかりやすい文章にする

一般ユーザーを対象としているアンケートの場合、ターゲットに合わせた口調で、かつ一文の長さを端的に設計するようにしましょう。

専門的なカンファレンスであれば、業界特有の専門用語を活用することができるため、1つの言葉で意味が複数ある言葉や、回答を間違えやすくなる言い回しなどは避けるようにしましょう。

 

○回答率を高めるために解答形式を工夫する

回答率を高めるためには設問内容を絞り込むほかに、設問内容に適した回答形式を選ぶことが大切です。

そこでおすすめの回答形式は、「単一回答/単一選択」。

この手法を選ぶことで、回答者は「YES」・「NO」などの洗濯や、「する」・「しない」などの尺度を取り入れることができるため、アンケートの回答率を高めることに繋げることができます。

 

 

3.効果的なアンケートの取り方・集計方法とは

効果的なアンケートを実施するためには、目的や目標に沿ったアンケートの取り方や集計方法が不可欠です。

アンケートを取る際は、カンファレンスの規模や人数に応じたツールを活用しましょう。

 

活用できる代表的なツールは「エクセル(Excel)」、「アンケートツール」、「代行業者」などが挙げられます。

 

エクセルやアンケートツールであれば、収集したデータを自由に加工して分析することや、回答を自動で集計できるため、入力するミスを最小限に抑えることや、リアルタイムでアンケート結果を反映させることができます。

 

代行業者であれば、決まった形式は存在しないため、自社の希望に沿ったリストの作成や、データの抽出・分析が可能です。

そのため、カンファレンスでアンケートを行う目的や目標に応じたアンケートの集計方法を取り入れるようにしましょう。

 

4.まとめ

本記事では、カンファレンスにおけるアンケート内容や取り方、集計方法について解説しました。

アンケートの設計及び実施は、カンファレンス運営をする上で不可欠な業務です。

 

しかし、アンケートの作成以外にも、カンファレンスに関わる業務は多岐にわたります。

そのためカンファレンスのコア業務に注力するために、カンファレンスの運営代行を専門に扱う業者「株式会社ウィズアス」に依頼することをおすすめします。

 

ウィズアスであれば、アンケートの設計・実施・集計にかかる業務のリソースやノウハウを有していますし、最適な業務フローで運用を任せることができるため、業務工数の削減や、コア業務へ注力することができます。またスポット的な業務だけてなく、カンファレンス全体の業務設計を任せることも可能です。

これを機に、ぜひアンケートに関わる業務をウィズアスにアウトソーシングしてみてはいかがでしょうか。