03-4500-4764

(平日10:00〜19:00)

お問い合わせ

会社の貸し会議室に監視カメラは必要か?4つのメリットについて解説!

2020.02.04

カテゴリ: 施設管理

 

自社の会議室を貸し会議室として利用する企業が増えています。

その時に出てくる疑問が、「会議室に監視カメラは置いた方が良いのか?」ということ。

 

「社員も使う会議室だし、監視カメラを置いていいのか悩む・・・」

「そもそも、貸し会議室に監視カメラを置いても大丈夫なの?」

 

結論から言えば、防犯とビジネス、両方の点から、監視カメラは貸し会議室に置くべきといえます。

 

 

この記事では、貸し会議室に監視カメラを置くメリットを紹介します。

 

 

1.会社の会議室に監視カメラは必要か

貸し会議室の利用者は様々です。人目を感じさせない管理だと、トラブルが増え、管理が大変になります。また、会社のオフィスには機密文書等もあるため、担当社員が自社を離れている時はセキュリティにも不安が残ります。
会議室に監視カメラを置くことで、これらのデメリットを解消することができるのです。

 

2.会議室に監視カメラを置くメリット

会社の貸し会議室に監視カメラを置くことで、どのような効果が得られるかを見てみましょう。

 

2-1.メリット1:セキュリティ対策となり管理しやすくなる

第一に、監視カメラを置くことで防犯対策となり、安心感が生まれます。

会社の会議室は社内会議にも使います。万が一のことですが、会社の機密文書やミーティングで使った書類等が残っている可能性も無視できません。貸し会議室の利用者にそれらの書類や設備、備品が持ち出されると、会社の損害となってしまいます。

また、監視カメラがあれば社員が社外にいる時であってもリアルタイムに状況を把握できます。記録を取っておくことで、後から確認することも可能です。

 

2-2.メリット2:トラブルが減少する

貸し会議室の利用者によって起こるトラブルには、以下のようなものが挙げられます。

 

・利用時間の無断延長
・器物破損
・原状復帰をしない
・利用ルールを守らない
・盗難
・反社的な活動

 

事前に貸し会議室のルールを確認するとはいえ、事細かに読み込んで丁寧に守る利用者はあまり多くありません。

監視カメラを意識することで、利用者は利用ルールを守るようになり、その結果、上記のようなトラブルの発生件数を抑えることができます。

また、実際にトラブルが起こってしまった際にも原因究明ができるほか、トラブルを起こした利用者や第三者に、記録映像を証拠として提示できる点もメリットです。

 

2-3.メリット3:会議室の使いやすさを改善できる

監視カメラがあると、利用者の使用状況を把握できます。

コンセントや冷暖房機器の位置は最適か、机や椅子等の什器設備はちょうどいいかなど、利用者が具体的に会議室を利用している様子を把握することで、会議室の使い勝手を改善することが可能になります。

2-4.メリット4:利用用途を把握できる

利用者の利用用途を具体的に把握し、収益アップのヒントを得られるのも監視カメラのメリットといえるでしょう。
貸し会議室はネット予約や電話予約が基本ですが、利用用途を聞いても、「ミーティング」「ビジネス利用」など、意外とざっくりとした答えで借りる利用者がほとんどです。

 

そこで、監視カメラを設置することで、より細かい利用用途を把握することができます。

貸し会議室はたくさんありますが、地理や会議室のサイズ、設備によって利用用途は異なります。自社の会議室がどのようなニーズを満たしているのかがわかれば、それに合わせたブランディングが可能です。

需要にマッチした集客を行うことで、貸し会議室のさらなる収益アップを見込めます。

 

3.おすすめのセキュリティ会社

ここでは、実際に監視カメラを設置する場合におすすめのセキュリティ会社を2社紹介します。

管理の手間を減らすためには、遠隔でも管理しやすいシステムを持っている監視カメラがおすすめです。

 

 

・safie

モバイル端末でも監視カメラの映像を確認できるクラウド録画カメラを提供している会社です。

複雑な設定が不要で、設置も簡単。高セキュリティーのカメラをスムーズに導入できるシンプルさが魅力です。HD画質でテレビ画面と同じ「くっきり&はっきり」の優れた映像を、Wi-Fiにつなぐだけで保存できます。

全国に設置したカメラの映像をPCやスマホなどの1画面で管理できるため、複数の協力会社で提供している貸し会議室の管理を一元化することも可能です。

 

https://safie.link/

 

 

・株式会社トリニティー

監視カメラや防犯カメラの購入・レンタル双方に対応しており、監視カメラの定期メンテナンスサービスも実施している会社です。

インターネット契約がない場所でも、モバイルルーターを使った遠隔監視も可能で、過去の映像・リアルタイムの映像をPC・タブレット・スマホを問わず確認できるマルチデバイス対応。
侵入防止設備や防犯システムについても多くのノウハウを持った会社であり、防犯面全般において心強いパートナーとなってくれます。

 

https://www.office-trinity.com/

 

4.まとめ

以上、貸し会議室に監視カメラを置くメリットについて紹介しました。

会議室に監視カメラを置くことで、セキュリティ対策やトラブルの減少につながります。また、利用用途の把握や会議室の使いやすさの改善といったビジネス的な面から見ても、監視カメラは有効といえます。

近年では大掛かりな工事が必要なく設置できる監視カメラが増えているので、この機会に設置を検討してみてはいかがでしょうか。