03-4500-4764

(平日10:00〜19:00)

お問い合わせ

参加する前に!インターンシップ説明会の持ち物チェックリスト

2020.02.04

カテゴリ: 説明員

 

初めて参加するインターンシップ説明会は何かと不安が多いもの。

特に企業に訪問する際に「何を持っていけば役立つか」と言ったことはわからない就活生も多いのではないでしょうか。

 

今回の記事では、インターンシップ説明会に参加する際に確認すべき持ち物チェックリストを必要となる理由とあわせて紹介します。

 

 

1.インターンシップ説明会に必要な持ち物リスト

まずはインターンシップ説明会に必要な持ち物をリストアップしていきます。

これはインターンシップ説明会に限らず、就職活動においては大切な持ち物になるため、いつも鞄の中に入れておくことをおすすめします。

 

筆記用具

筆記用具のボールペン・シャーペン・消しゴムの3点は必ず持ち歩くようにしましょう。

この3点を持ち歩くことで、説明会の際には常時メモを取ることができます。社会人としての自覚を持つためにも、キャラクターものなどは避けて、シンプルなデザインの筆記用具を持つようにすることがおすすめです。

 

メモ帳

筆記用具と合わせて持っておきたいのがメモ帳です。就職活動においてメモをすることは不可欠であり、就活用のメモノートを作り、気になったことや知らない単語を記録・調べることに使うのも有効な手段と言えます。

 

履歴書

インターンシップ説明会や就職活動が本格化すると、どの企業でも履歴書の提出を求められるので、常に多めに準備して持ち歩くことをおすすめします。

企業から履歴書の指定がない場合は、大学の生協や市販で販売されているもので構いません。また持ち歩く際も、直に鞄に入れるのではなく、クリアファイルに挟んで折り目や汚れがつかないようにしましょう。

 

ハンカチ・ティッシュ

身だしなみを整える上でもハンカチ・ティッシュは持参しましょう。

汗をかいたときや、企業でお手洗いに行く際にしっかり手を拭かないと、スーツやシャツが濡れて、面接で悪い印象を与えてしまいます。この2点はその他でも用途があるため、鞄の中に入れておくと便利です。

 

スマートフォン・携帯電話(モバイルバッテリーも含む)

説明会当日の電車の遅延や、位置情報の確認、先方への連絡など、何かと使う場面が増えるのがスマホや携帯電話です。モバイルバッテリーとあわせて持つことで、どんな状況にも対応できるためおすすめのアイテムになります。

 

オフィスまでの地図・住所メモ

スマホに頼るだけではなく、万が一スマホの充電が切れたり、故障したりした時のことも想定して、オフィスまでの地図や住所のメモを持ち歩くようにしましょう。

 

お財布・現金

就活の際は、トラブルやアクシデントに巻き込まれる可能性も十分想定できます。

緊急時などの事態に備えて、特に現金は少し余分に持ち歩くようにしましょう。

 

学生証

説明会や企業のセキュリティによっては、会社のエントランスで本人確認と在籍確認のために学生証の提示が求められます。その他にも選考フローによっては提出を求められることが稀にあるので、持っておくようにしましょう。

 

折り畳み傘

急な雨によってスーツや書類が濡れてしまっては、企業側にも悪い印象を与えてしまいます。天候の変化にも対処できるように、鞄の中に折り畳み傘を入れておくと良いでしょう。

 

腕時計

インターンシップ中はスマホなどで時間を確認するのはマナー違反になります。そのため、時間管理をするために腕時計を身につけておきましょう。キャラクターや派手なデザインなものは避け、服装にふさわしいシンプルなものを選ぶことがおすすめです。

 

(女性の場合)予備のストッキング

伝線した時などを想定して、鞄の中にストッキングの予備を入れておくと安心です。

 

 

 

2.あるとより良い持ち物

次に紹介するのは、必要不可欠とまでは言わないものの、あると便利な持ち物のリストです。

持っておくことによって安心感や余裕を持ってインターンシップ説明会に臨むことができるので、チェックしておきましょう。

 

説明会(インターンシップ)案内メールのコピー

説明会の案内メールには、応募IDといったものや予約番号などが記載されている場合があります。

スマホに情報があるからといってコピーを怠ると、故障や充電切れの際に、企業の受付で迷惑をかける恐れがあるため、印刷して持参すると安心して説明会に参加することができます。

 

企業のHPのコピー

会社説明会に参加する際には、企業の概要や採用ページ、求める人物像などの箇所を印刷しておくと、説明会での理解を深めることができます。事前に気になる箇所や担当者に聞きたい点にチェックしておくことで、採用担当者に良い印象を与えることができるため、持ち歩くことをおすすめします。

 

 

3.まとめ

今回の記事では、インターンシップ説明会に参加する前に、確認しておきたい持ち物のチェックリストを紹介しました。このリストを事前に確認することで、当日安心して企業に向かうことができるだけでなく、有意義なインターンシップに繋げることができます。

 

事前の確認を怠ることなく、しっかり準備するようにして、万全の態勢で就職活に臨みましょう。