事例紹介

  • ボッシュ株式会社 様
  • 社員研修サポートデスクの運営(研修所常駐型)

【年間400回・約5,000名】社員研修サポートデスクの運営(研修所常駐型)

案件概要
  • 対象者:自社及び関連会社社員
  • 研修実施回数:年間400回前後
  • 参加社員数:約5,000名
  • 業務場所:クライアント研修施設内
  • 対応言語:日本語、英語
  • 現委託業者からの切り替えを検討。研修事務局運営のノウハウを持つ会社への移行

    • 研修サポートデスクの運営形態の変更に伴い、研修事務局運営のノウハウを持っている会社へ移行を検討した。
    • 社員研修は年間で約400開催を行っており、全てが細かい仕様書に基づいて準備をする必要がある。業務量が多いだけでなく、各講師によって細かい指示も出るため、事務局スタッフには臨機応変な対応が求められる。
    • また、現状の運用を見直すと研修室の準備作業に多くの工数が掛かっていることがわかり、この点も削減したいと考えている。
  • 基本業務を滞りなく行うだけでなく、常に業務改善を図ってゆく運営体制を構築

    • 1、業務内容に応じた分業制の組織体制
    •  →施設に常駐するサポートデスクチームと、会場準備や資料準備を担当する運営チームに体制を分割し業務効率化
    • 2、PC等のテクニカルスキルだけでなくヒューマンスキルの高いスタッフが育つ環境
    •  →高い人材採用基準を設定し、定期的なサービスレベルの評価を実施
    • 3、常に業務の改善を意識する運用計画
    •  →業務オペレーション設計から実施、見直しまで、PDCAサイクルをまわす
  • 短期間で安定した運営を実現

    • 専用システムや研修独自のルール等、膨大な前提知識を短期間で習得し、受講者にとってストレスのない研修事務局サービスを提供。
    • 工数削減を前提に、受講者へのホスピタリティ向上を考え、研修現場で起こる細かな業務に対しても段階的にブラッシュアップを行う。属人的になりがちな業務をフローチャートやマニュアル化することで、ミスを減らしチーム全体のノウハウを蓄積してゆく。

ウィズアスで行う業務内容

  • 研修日程調整
  • 研修システムの情報登録及び管理(英語システムの管理)
  • 社員と講師の問合せ窓口対応(電話、メール等)
  • 研修講座の資料や備品用意
  • 研修施設の運営管理
  • 研修報告書作成
  • その他研修実施に関する業務一式

業務内容の流れ

  • お問い合わせ・ご相談はの際はお気軽にご連絡下さい。

    • お問い合わせはこちら
    • お役立ち資料ダウンロード
    • 事務局運営アウトソーシング
    • セミナー業務運用アウトソーシング
    • アルバイト募集中
    • JOIN